読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいしいごはんがたべたい

既卒無職の生存活動記録

金曜から週末にかけては憂鬱になるという話

就活 雑記

私は履歴書を週末に郵送することがほとんどなので、面接をするのが週の半ばになることが多いんですよね。そうすると結果がやってくるのがだいたい週明けド頭の月曜だったりするので、金曜から日曜にかけてがとにかく憂鬱なんですよ。

といったことを昨日書こうと思ったのですが、先週面接した御社からお祈りメールが届き、気持ちが地の底へと落ちたため書けませんでした。

 

はあぁ…いやでもその時の面接、ネットでよく見る「これをやられたらお祈り確定!?面接のジンクス!」みたいなのによく書かれる「面接官からアドバイスや指摘を受ける」「面接が世間話になる」の二つをやられたのでダメだろうなと心構えをしていたのです。面接後に毎回開催する一人反省会でも反省点山済みになってしまったし、これはダメかもしれないな、と。なのに、案の定ダメで死ぬほど凹み…。このメンタルの弱さをいい加減何とかしたいです。

どこかで「所詮ジンクスだろ」と思っていたのと、この時期なので藁にも縋る気持ちもあったため、だいぶ今回は堪えました。でも実際ダメな面接だったなという気持ちもあったので(だからこそ面接官の方から指摘を受けたのですし)、妥当な結果だとは思っています。ですが…。

なんとか、なんとかこの経験を次に生かしたいです…。

その前にとっととこの沈んだ気持ちをなんとかしないと…週明けにはきっと今週受けた面接の結果がやってくるだろうし、それまでにメンタル回復しておかないときっと次は再起不能になってしまう…。

 

昨日はこんな状態だったのにいつも通りバイトに行くことが出来たのでよかったです。夕飯も食べたし(嫌なことがあるとすぐ食事を抜くタイプのダメ人間です)。一緒にバイトをしている友人が昨日は私よりも早上がりだったのが良かったのかもしれません。

こう書くとなんだか酷い奴のように見えますが、内定がない中、内定があり4月からの新生活に期待に胸膨らませている友人と一緒にいて会話をする、というのは私のようなゴミメンタル人間からするとかなり辛いのです。これだけで物凄い長くなりそうなのでこの話は別の機会にしますが、とにかくしんどくなるのです…。

 

昨日はバイトのせいで早く眠れなかったので今日は早くお布団に入りたいと思います。

早く憂いなくご飯を食べて眠る生活がしたい…。